袋井工場

袋井工場
袋井工場
袋井工場
袋井工場
袋井工場

ネオファーマジャパン袋井工場は、1971年、日本ロシュ株式会社の医薬原薬・中間体の製造拠点として設立されました。2016年、ネオファーマジャパンは、同工場を株式会社エーピーアイコーポレーションより譲り受けました。袋井工場は、グローバルなネオファーマグループの生産拠点として、天然アミノ酸である5-ALAの様々な用途に応じた原体製造及び、その他医薬原薬・中間体の製造拡大を進めていきます。


施設概要

敷地面積118,892m2(約36,000坪)
建物面積約12,000m2
生産設備約4,300m2
倉庫設備約4,600m2
原料倉庫 723m2
製品倉庫 805m2
屋外危険物置き場(11倍×1、13.8倍×1)
環境設備緑地面積 約52,400m2
排水処理設備(一次処理、活性汚泥、活性炭ろ過)
汚泥減容化設備
排水池水庭園 1,680m2、雨水調整池 1,200m2